紙文書の電子情報化

紙文書の電子情報化

重要な書籍、一般文書、図面、資料、書類などの紙情報は永年の保管で汚れや破損、変退色が進行しています。ペーパー情報はスキャナーでデジタルに変換、電子情報化してパソコンデータで保存することで管理と活用がしやすくなります。災害時にもデータ化しておくことで安全に永年保管が可能です。大量のデータはCD-RやDVDで長期保管する事ができます。

紙文書管理システムの一例

紙文書をスキャンするだけで実用性の高いオフィスデータに自動変換

複合機でスキャンした紙文書を手軽に実用性の高いオフィスデータに変換するMEAPアプリケーションです。複合機から指定したパソコンに送信したスキャンデータを、クライアントPC側でOCR処理し、Microsoft、Word、Excel、PowerPoint、一太郎ファイル、PDFファイルなどに変換します。
上記は参考例です。 (Scan Office Proは Canonの製品です。)

広告